取り付け方

掃除スプレーボトル

エアコン取り付けについて紹介します。 エアコン取り付けにも家の作りなどによりいろいろな工事方法があります。 一般的に昔から多いのが家の室内の壁に内機をつけて壁に穴をあけて配管を 外に出してすぐ裏の下に室外機を置く工事です。標準工事と呼ばれることが多く 新規でエアコンを量販店などで購入する場合に標準工事込みと書いてある場合は これ以外の工事になると追加で工事費が内容によりかかります。例えば 2階に取り付けて室外機を1階におろす場合は配管の長さが長くなるので長くなる分 部材料がかかります。室外機を屋根に置いたり壁につけたりする場合も特殊な部材や 技術が必要なのでプラスでかかります。室外機の置く位置により料金がかかる場合が多いので 室外機を置く位置を確認してから工事屋さんなどに相談するほうが具体的に話がすすみます。

最近のエアコン取り付けの工事方法だと外観の見栄えを重視する方も増えているので 昔は配管をテープで巻いている工事が多かったのですが、最近は配管カバーを取り付ける ケースが多くなっています。配管カバーも一色ではなくアイボリーやブラック、ブラウンなど 家の外観に合わせて好きな色を選ぶことができます。また新築の家になると配管自体を壁の間に 通して家を作るインペイ配管のケースも増えています。配管がそもそも外に見えないので 外観がすっきり見栄えが良くなります。エアコン取り付けの工事は室内機のエアコン専用のコンセントが 必要なのでもし専用コンセントがない場合はブレーカーから専用のコンセントを引っ張ってくる工事が 必要になります。ブレーカーの位置とエアコンの取り付け位置によって内容や金額も変わるので コンセントがあるか確認して相談することも必要になります。

Copyright(c)2015 住宅を改造する|住みやすいハウスを手に入れる方法